So-net無料ブログ作成
こちらにもう一つ「源整院2」BLOGを作っています!

ゆっくり楽しもう

最近、昔話が多いのは
今年で40歳になる
転機の時だからでしょうか?

東京で独り暮らしを始めたのは
かれこれもう十数年前の昔になります。

いけぶくろう.jpg

あの頃は今よりも生活をギリギリでやっていた頃でした。
東京有数のターミナル駅の池袋まで徒歩で40分の
風呂なしトイレあり(和式)4畳半のあつみ荘という
築40年のアパートに住んでいました。(今はもうありません涙)

歩けばギシギシ鳴るウグイス張りの床みたいな部屋で
家賃はたしか4万5千円だったかな?
しかも、アパート横の一軒家に住む
大家さんに手渡しで家賃を払うシステム。
インターホンを押しながら「出ないでくれ」
郵便受けに家賃入り封筒を投函して帰りたい!
だって、大家さん(78歳の女性)のお話が長いから、、
そして何故かきまって旦那様の仏壇の前でおしゃべりタイム。

羊羹とお茶と大家さんからはじまった
あの初めての東京生活、懐かしい。

お金も無いし、友達もいないし(今も継続中、、)
生活の全てに余裕を感じるものは無かったはずなのに、
すごく、スゴク、凄~く、いい思い出なんですよね。

風呂が無いから、近所の銭湯に行かなければいけない。
人生初の銭湯生活、、ローカルルールを知らずに
知らないおじさんに怒られたなぁ。。
あの頃から大浴場に行っても前を隠さなくなったっけ(;^ω^)
火曜日が休みで隣町まで銭湯旅に行って帰り道を新規開拓してみたら
町のおじさんが趣味でやっている様なキムチ専門店を見つけて、
それ以来火曜日の酒の肴は自家製キムチが習慣になっていたなぁ。

池袋駅までの道のりの途中に立教の小中高大があって
立教ボーイ達を見ながらジェラシーを感じていたなぁ。
勝手な想像ですが彼らはいっつも合コンをしてるイメージがあったので、、
40分の道のりですが、立教の前を通る時は
ジェラシーパワー炸裂で徒歩スピードが倍増でした(笑)
おかげでムラムラ・モヤモヤ考えていたら、
あっという間の40分だったので結果オーライかな。

まだまだ薄幸で楽しい東京生活日記は記憶に残っています。

どうして、そんな昔話を思い出したかというと
私のカワイイ甥っ子が東京で独り暮らしを始めました。
ワクワク楽しい思い出がある東京生活ですが、
それを楽しく過ごすにはかなりの労力が必要だった。

だからでしょうか、どうしても心配です。
とは言っても、それはネガティブだけではなく
薄幸でも楽しい東京生活だったので
私の心配りはポジティブな部分が多いです。

心配とはココロ配りですから、
ネガティブを押し売り配りよりも
ポジティブな心配りをしていきたいですからね。

私もそれなりに経験を積み重ねてきたので、
ワタシなりのワタシにしかできない心配り、
まずは何も言わずに、見えないポジティブ配りで
彼を包んでおくとしましょう。

もしも、彼がこれを読んでいたら覚えておいて欲しい
これから楽しくなるよ。今までがなんだったのかってくらい。
楽しくて楽しくて、気が付いたら疲れ果てているくらい、楽しいから。
えっ!?楽しくない??
大丈夫、君は十数年後に笑って失敗話をおじさんに話しているよ。

キミ以上におじさんはそれを知っているから。
これから起きる事はすべて楽しくなる出来事ばかりだから
ゆっくり、ゆっくり、ゆっくり楽しんでみてください。


おじさんは今
源整院でお仕事をしています。
おじさんはおじさんのやり方で
おじさんにしかできないものを
楽しみながらお仕事をしています。

一緒にゆっくり楽しんでみないかい?
おじさんは40歳だからゆっくりしてられないけどね(^_^;)

nice!(17)  コメント(0) 

nice! 17

コメント 0

こちらにもう一つ「源整院2」BLOGを作っています!